チャンピックスでニコチン依存症からの脱却

喫煙の害は大きくありますが、禁煙をするのは難しいです。
タバコは依存症になる性質があるので、一度体が慣れてしまうと元に戻すのが大変です。
ニコチンの依存症になった場合は、特別な薬を利用すれば依存症を緩和しつつ、体の問題を改善することができます。

ニコチンの依存症に使えるのは、チャンピックスという製品です。
医学的にはバレニクリンと呼ばれますが、商品名はチャンピックスになっています。
クリニックの禁煙外来で相談することにより手に入れられる製品です。
禁煙補助薬としてチャンピックスは認められていて、高い確率で禁煙治療ができます。

医師の指示に従って適切に服用すれば、症状を緩和できます。
チャンピックスが高い効果を保つのは、依存症を抑えられるからです。
タバコの依存症になると体がニコチンを要求して、体内からニコチンが減ると禁断症状が起こります。
その時にこの製品は症状を抑えられるので、体や精神の負担を減らせます。

体の中にニコチンが入ると、体内の受容体と結合します。
そうすると快感を感じる物質が出てきて、気持ちが良くなります。
チャンピックスはニコチンと似た性質があるので、体内の受容体と結合できます。
結合するとニコチンほどではないですが、快感を得られる物質がでます。
それによって禁煙治療のためにニコチン摂取を止めたとしても、精神的な負担を減らせるので禁煙がしやすくなります。

チャンピックスには他にも効果が存在していて、それはニコチンが受容体と結合するのを防ぐことです。
結合を防げるのでタバコを吸っても、体がなにも感じなくなります。
この製品はタバコを吸った時に得られる快感を減らせるので、自然に禁煙ができる製品です。

まとめると、チャンピックスはタバコを吸いたくなる欲求を抑えられ、禁断症状も緩和できるので、無理のない形で禁煙が可能です。
医学的にも認められた製品なので、使い方を間違わなければ高い効果を得られます。
更にニコチン中毒の問題になる、体内の受容体の働きも抑えることができるのです。

禁煙成功率はなんと、脅威の92.6%!

チャンピックスは海外ではバレニクリンという名称で、流通しています。
チャンピックスは数ある禁煙補助薬の中でも禁煙成功率が極めて高くて、その成功率は92.6%もあります。
その為禁煙外来ではチャンピックス服用しての禁煙治療が多いです。

チャンピックスを服用しての禁煙成功率が高い理由として挙げられるのはニコチンの精神依存の改善効果が高いからです。
微量のニコチンが含まれていて、喫煙はしないもののタバコを吸いたい欲求が出たらニコチンが含まれる補助薬で誤魔化す方法では常に吸いたい欲求を我慢しながら治療を続ける事になります。
それに対してチャンピックスは受容体とニコチンが結合するのを防ぐ働きがあるので、喫煙をしても快感が得られずにタバコを吸いたい欲求自体を取り除けます。

この吸いたい欲求の殆どが身体的な依存ではなく、精神的な依存からくるものなのでニコチンと受容体の結合を阻害する事で禁煙成功率が大幅に上がります。
禁煙外来の成功率が高いのはチャンピックスを使った治療を行うからだけでなく、専門の医師によってカウンセリングを受けて正しい禁煙治療に関する指導を受ける事も大きく影響しています。
禁煙外来での治療は一定の条件を満たせば保険適用になるので、通院コストはそれほど高くありません。

チャンピックスは禁煙効果も高い治療薬ではあるものの副作用も確認されている薬です。
人によって副作用の出方は違うので、服用後は症状が出ないか気をつけるべきです。
用法と用量も守らないと非常に危険なので、飲む前に飲み方と注意点について医師に充分確認する必要があります。
同時に他の薬も服用するという場合は飲んでいる薬を医師に報告しなければいけません。