ニコレットのジェネリック禁煙補助薬「ニコッテクス」

ニコレットのジェネリック禁煙補助薬がニコテックスです。
ニコチンを体内に取り入れて禁煙する置き換え療法で使われます。
このニコテックスを使用することで、タバコを吸うと肺に行く煙が避けられ、有害成分を摂取することもありません。
禁煙している時にイライラしたりする症状が出る時は、1回1個のニコチン含有ガムを30分から60分程度かけて服用するようにします。
口内粘膜からニコチンを吸収する場合は、体内に取り入れるまでに時間がかかります。
そのためにゆっくり時間をかけて噛むことが大切です。

禁煙を成功に導くためにも、1週間ごとに徐々に個数を減らすようにコントロールし、3カ月程度を目処に使用しないようにすると良いでしょう。
1日に1個程度まで使用個数が減った場合は、完全に喫煙を中止してみましょう。
止められるタイミングが来たら、服用を止めてしまってもかまいません。

ニコテックスは含有成分がニコチンなので、初めて服用する場合は吐き気を催したり、胸焼けになることもあります。
初回はあまり多くの量を服用せず、徐々に増やすなどして調整します。
ニコテックスはニコチンを摂取する薬なので、心疾患がある方や妊娠中・授乳中の方は使用しないようにします。
ニコチンが切れるとイライラする、落ち着かない、眠いといった症状は離脱症状の一種です。
このような症状を避けるためにニコテックスは使用されますが、服用して異常を感じる場合は医師に必ず相談するようにします。

服用する時に急いで噛むと急に大量のニコチンが体内に取り込まれるので、胃の痛みや吐き気を感じる場合があります。
注意しなければならない副作用はありませんが、できれば計画的に禁煙を行うことをおすすめします。
ニコテックスは禁煙補助薬なので、もともとタバコを喫煙しない方は使用しないようにしてください。
また未成年の方も服用できませんのでご注意ください。
これ以外の禁煙補助薬をすでに使用している場合は、ニコテックスと併用することは避けるようにします。

タバコを吸いたくなったらニコテックス(ガム)を噛む

ニコレットのジェネリック禁煙補助薬ニコテックスは、あなたの禁煙をサポートする禁煙ガムです。
長期間タバコを喫煙していた人が禁煙を始めると、ニコチン切れによるイライラや集中力の低下などの症状があらわれやすくなります。
少量のニコチンが含まれるニコテックスにはニコチン切れの症状を緩和する働きがありますので、禁煙に取り組む際に摂取してみてください。
ただし使い方を間違えると胸部不快感・のどの痛みや動悸・かゆみや発疹・吐き気や頭痛などの副作用が発生する可能性がありますので、くれぐれも正しい用法と用量を守るようにしましょう。

ニコテックスを1個ずつ取り出して、口に入れて味を感じるまでゆっくりと噛んでください。
噛み始めは味を強く感じることがありますので、噛む力や回数などを調整しましょう。
味を感じ始めたら噛むのをストップして、ニコテックスを頬と歯茎の間に置きます。
味を感じなくなったら再度ニコテックスを噛んで、同じことを繰り返してください。
30分から1時間程度で味がなくなりますので、ニコテックスを口から取り出して終了です。

ニコテックスに含まれるニコチンの成分は、口の中の粘膜から吸収されます。
噛む回数が多すぎると唾液の量が増えて、粘膜からのニコチンの吸収が低下することがあります。
さらに唾液と一緒に飲み込まれてのどの痛みを感じることがありますので、1個あたり30分から1時間程度の時間をかけてゆっくりと噛むようにしてください。
入れ歯の使用で通常のガムを噛むことが困難な人の場合は、ニコテックスの摂取で入れ歯への付着や損傷や脱落などを起こす可能性がありますので、ニコテックスの使用についてはかかりつけの歯科医などに相談しましょう。